英語は伝わればそれで良い! I want socket.

 

海外に行く際に、持って行くのを

忘れる物として、コンセントがあり

ます。気を付けましょうね!

=====================================

海外は国によって、コンセントの形が違うので、

色々と面倒ですよね。 いい加減、世界統一に

して欲しいのですが、どこの国もやってくれません。

=====================================

=====================================

 

f:id:aizawa1031jp:20170714155744j:plain

 

コンセントて言ったらダメ!

 

長く狭い飛行機での移動が終わり、空港からホテル

までのタクシーで遠回りをされ、ブツブツ文句を

言いながらやっとの事で部屋に入れた、と思い

携帯をWifiに接続、と思いきや、充電が無い! 

 

日本から持ってきた充電器をコンセントに差し込もう

と思ったら、形が違う・・・。 

 

と言うわけで、

フロントに電話をするか、取りに行くかしなけれ

ばなりません。

 

電話をして、

 

I want socket. もしくは、

I want socket for mobile. 

充電したいからコンセント欲しい と言った

感じです。

 

これで通じます。

ただ、日本の差し込み形状で使いたいので、

フロントまで行って、ホテルのスタッフの方の

目の前で充電器を見せながら、ソケット!

説明した方が間違いが有りません。

もしくはチェックインの際にもらってしまい

ましょう。

 

=====================================

 

コンセントは和製英語

 

コンセントは、和製英語ですので、電話口で

コンセントと流ちょうに説明しても、はぁ?と

思われるだけです。 携帯電話を片手に持って

説明してもダメです。 

 

コンセントは英語では、了承する、と言う意味に

なってしまいます。

 

f:id:aizawa1031jp:20170714160006j:plain

 

携帯電話片手に、了承する了承する、と日本語

で言われても意味不明ですよね?

何か冗談か、日本で流行ってるギャグかと思われ

るだけです。

 

コンセントはソケットもしくはプラグです。

 

=====================================

 

電圧にも気を付けて

 

日本と海外では電圧も違いますので、そこにも

注意が必要です。 パソコンや携帯電話は今では

グローバルデザインになっていますので、どこの

国でも適応できるようになっていますが、女性の

場合、ヘアドライヤーなどを持って来た時は

注意が必要です。 基本的に日本国内で使用する

事を想定して作られていますので、海外の電圧と

マッチしない可能性もあります。 

本体やアダプターに電圧が書いてありますので、

使用前に必ずチェックしましょう。

電圧が合わない場合は、ただ使用できないか、

最悪、火花を吹いてショートする場合もあります。

 

ネタとしては面白いですが、無茶するYouTuberで

も無いので、そこまでやる必要は無いと思います。

火事を起こすか、YouTubeに載せるか、

どちらにしても有名にはなれるとは思いますが。

 

=====================================

 

チップは100円ぐらい

 

 

ホテルのフロントにコンセントを頼んで持って来て

もらう際、チップの習慣がある国ではチップを

払いましょう。 基本的にはポケットに手を入れて

その時出て来た100円程度で十分です。

アメリカなら1$と言う事ですね。 よく考えれば、

コンセントを持ってエレベーターで上がって来て

ドアをコンコンとノックするだけで100円もらえる

のですから条件としては悪く無いと思います。